ホーム>病院について>院長のあいさつ

院長のあいさつ

院長近影
南魚沼市立ゆきぐに大和病院
院長 松島一雄(まつしまかずお)

住民の皆さまへ

すでにご存じの通り、このたびの病院再編によって、ゆきぐに大和病院は、2015年11月より、40床に規模縮小した新しい病院として、再スタートしております。
新大和病院を担当させていただきます松島です。
皆さまどうぞよろしくお願いいたします。
 
新大和病院の役割りは、
1 これまで培ってきた“大和病院の地域医療”を継続すること
2 基幹病院と相補的な関係を築き、この再編で当地域の医療を今まで以上に充実したものにすること
3 迫る超高齢社会にふさわしい、新しい高齢者医療を展開していくこと

と考えています。
 
新病院では、共感(Sympathy)、支える(Support)、奉仕(Service)の“3つのS” を信条として、小さい所帯ではありますが、職員一丸となって精進する所存です。
今後とも、皆さまのご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。