ホーム>病院について>各部門のご案内>診療放射線科>放射線科(骨密度測定)

放射線科(骨密度測定)

骨密度測定

骨密度が減少すると、骨が弱くなり骨折しやすくなります。骨密度の少ない状態を骨粗しょう症といいます。骨粗しょう症は、男性よりも女性に圧倒的に多い病気です。

骨密度をチェックしてみませんか。
骨密度測定
いつ測定すればいい?

骨密度測定に関して「いつ検査すれば良いか?」ということをよく聞かれます。それぞれの年代によって、骨密度を測定した場合にその意味が異なります。

【20から40歳代】
一番骨量が多い時期ですので「自分はもともと骨量が多いのか、少ないのか?」を知る事ができます。
【50歳代~】
女性は閉経を迎え、その影響を受けて「骨量が急激に落ちていないか?」を見つけることができ、骨量が少なければ早期に治療が開始できます。

また、定期的に骨密度の測定を行えば、実際にその間の骨の変化が分かり、治療や生活改善の指標になります。女性の方には特におすすめです。

  • 15分ほどで終わります。
骨密度測定
  • 診療案内
  • 医療関係の皆様へ
  • 地域の皆様へ

ゆきぐに大和病院

〒949-7302
新潟県南魚沼市浦佐4115番地
交通アクセス

tel:025-777-2111,fax:025-777-3853
【受付時間】
[月曜・土曜] 8:30~10:00
[火曜~金曜]
朝・午前診療 7:30~10:00
夕診療   16:30~18:00
【休診日】
月曜、土曜の午後・日曜・祝日・12月29日~1月3日

診療カレンダー

お問い合わせ